ファリネ

ファリネの使い方 こんな風にすれば、結構上手に使えるんです。

手汗でとっても悩んでいます。
母も手汗がすごかったので、これはきっと遺伝じゃないかと…

 

高校生の時、部活がバスケ部だったんですけど、
パスしたボールが滑るんじゃないかとか、
逆にもらったボールが滑り落ちるんじゃないかとか、
シュートがぶれるんじゃないかとか。考えだしたら切りがなくなるんですね。
がっちりつかめるように握力をつけるトレーニングをしてましたよ。(笑)
でも、実際には試合に集中していたので、
汗はかいていたと思うんですが、気になりませんでしたね。

 

中学ぐらいで意識しだしたのかな。
友達に「手汗すごいね」って笑われてました。

 

今は、まだ彼氏もいないけど、
やっぱり彼氏と手をつなぐ時どうしようとか思いますよね。
それと、「握力強いね」と言われるのは避けたいと思ってます。

 

今気になるのは、仕事をしていて何か支障が出ないかなと、
何て漠然と考えちゃったりします。

 

悩みは尽きないのですが、今私が気に入っているのはファリネです。
激安というよりも、使い方だと思うんですよね。
これから使った方がいいと思うとき、パタパタってつけるんです。
これで大丈夫と思うと、さらに効果ありです。
汗ってやっぱり気分的なものも大きい気がしてます。

 

手汗対策用制汗パウダーのファリネは、公式ホームページからの通販で販売してます。

 

安心して使えるのは、開発者が同じ女性で、やはり手汗で悩んでいたのを知ったことがあります。
お子さんが使っても安全な成分で、肌が荒れない事、かゆみがでないことなどに配慮されています。安心・安全でいつも使えるという思いと、そしてそれが手汗が出てもすぐに何とかなる!という精神面での安心感も、手汗にはいいのかもしれないです。


安心してファリネを使っているのは、こんな理由からです

私が、安心して使っている理由に、ファリネを開発した方が、同じ女性で、やはり手汗で悩んでいたのを知ったことがあります。

 

お子さんが使っても安全な成分で、肌が荒れない事、かゆみがでないことなどに配慮されています。
安心・安全でいつも使えるという思いと、ファリネで手汗が出てもすぐに何とかなる!という精神面での安心感も、手汗にはいいのかもしれないです。

 


自分の体のことって、知っていそうであまり知らない。汗のことも同じだね

どんな汗の種類があるかなんて、改めて調べたことないですよね。
言われてみればというものですが、こんな時に汗が出るわけですね。

 

@発熱性発刊…熱い場所やスポーツの後
・気温の上昇や運動などで体温が上がるのを防ぎ、上がりすぎた体温を下げ、体温調節のためエクリン腺から汗が分泌されます。

 

A精神的発汗…ストレスや緊張不安など
・緊張や不安、ストレスなどによって、交感神経が刺激され、活動が活発となり、手のひらなどに汗が分泌されます。

 

?味覚性発汗…辛い食べ物の飲食時
・辛い物や刺激のあるものを食べたり飲んだりすると、発汗神経が刺激されます。この時にエクリン腺が刺激されるため、自然と頬や鼻、唇のまわりに汗が出ます。

 

手のひらには、エクリン汗線が多くあるので、もともと汗の出やすい場所なんですね。

 

○エクリン汗腺
・エクリン汗線から分泌される汗の成分は、その99%が水分、残り1%には塩分・尿素・アンモニア・ミネラル(カルシウム)などが含まれています。多汗症の原因になるのもこの汗腺です。

ちょっとショックかな、まじめな性格が手汗をよんでいるなんて

私のクリニック訪れる精神性発汗の患者さんに学校いつごろから汗が多くなりましたか)と聞くと、大人になってから急に発汗が多くなったという人は少なくなく、小さな頃からとか、思春期の力と答える方がほとんどです。こ
これらの多汗で悩む人には、共通する特徴があります。
まず、幼児期からの性格的特徴です。それは一様に真面目で完璧主義の努力家の方が多いようです。一方で非常に負けず嫌いな面が強いのですが、反面かなりの恥ずかしがりやでもあります。つまり、 1人の人間の中に、外向的性格と内向的性格が同居しており、それがたえず葛藤してしまうのです。
さらに、座ってきた過程が大変似ていることも共通する特徴です。具体的には、幼児期から親に嫌われまいとして、i親の言うことを素直に聞く良い子だったことです。裏を返せば、自分を抑えて親の価値観をたえず受け入れてきたとも言えるでしょう。この傾向は、社会や学校での対人関係の場面でも同様です。本当は(自分の本音を出したい)という欲求が人一倍強いにもかかわらず、他人の気持ちを気遣ってしまい、自分自身をうまく表現できません。その結果、たえず不完全燃焼の状態にあるのです。
精神性発汗にはこのような外向的性格と内向的性格が葛藤している場面や、精神的に不安定な場面で、特に強く働く傾向があります。ファリネおすすめですね。
9院長や興奮に伴う発汗は、誰にでも起きることであり、別に病気でもなんでもありません。しかし、過去人前に出ると汗をかいたらどうしよう) (お恥ずかしい思いをするなするのではないか)格好止まらなくなったらどうしよう)格好人に知られたらどうしよう)などの不安が絶えず心を閉めてしまい、生活上や対人関係にまで支障をきたすようになってしまってはこれは異常と言うほかありません。
実はこのような不安に伴う生活上の使用は、発汗に限らず他のいろいろな身体症状についても見られます。
例えば、学校と前に出ると赤面するのではないか)学校てが震えているのではないか)学校どもるのではないか)学校トイレに行きたくなるのではないか)等々の不安から健全な対人関係を築くことができない人がいます。これらの症状は医学的には格好対人恐怖)という範疇に分類され、それぞれ、格好赤面恐怖)過去震え恐怖)過去放屁恐怖)などと呼ばれています。これらは神経症の1種とされています。精神性発汗によって対人場面にまで支障を来したケースでは、「発汗恐怖」と呼んでも良いでしょうと呼んでも良いでしょう。
したがって、発汗恐怖の状態にある精神性発汗の治療法の第一は、神経症の治療に準じることになります。以下ではその代表的な治療法を説明することにしましょう。ファリネなら大丈夫。

手汗の原因徹底究明しましょう

精神性発汗型の特徴
ご主人は非常に優し人と思います。ご主人が人前で緊張して汗をかくのは、周囲の人の存在を認めているからです。いぬや猫の前で緊張して汗をかく人はいないでしょう。精神性発汗型の人には性格的な特徴あります真面目で努力家で負けず嫌い、完璧主義。ひとつのことにこだわるなどです。つまり性格のいい人が多いのです。その意味では、自信を持って生きて下さい。
ただハンドタオルを持ち歩くのは、いつも汗に意識が向かうため逆に精神性の発汗が多くなります。意識は汗以外の何かに向けることが大切です。

 

手のひらや足の裏の多汗の原因は人より汗腺が多いとか、汗腺が敏感だとかの問題ではなく、心の問題です。ですから生まれながらの手掌多汗という人はいません。親子同じ手のひらの汗で悩んでいるというしたら、性格が遺伝したのです。多くの場合過去に、多汗になるきっかけとなった出来事があります。例えば、ピアノの発表会で緊張しすぎて失敗したとか、好きな人と握手をしたとか、答案用紙が緊張で濡れてしまったなどの汗にまつわる経験です。それらを契機に、また汗をかくのではないかという予期不安を潜在意識に持ってしまうと本人が意識していなくても、頭の中は本当の緊張状態となってしまい、精神性発汗が慢性化してしまうのです。
現実に汗をかくまえからこのような不安を持つと、対人関係にも影響し、対人恐怖症のような状態になることもあります。夜眠れないときに眠ろうと努力するとますます眠れなくなるのと同じように良き不安を抑えようとすればますます強くなります。汗くらいかいてもいいとひらきなおり、汗以外の何か別のことに意識を集中することは大切です。

 

 

夫と妹が多汗症です。妹はそれほどひどくない気がしますが塩化アルミニウム、塩化ベンザルコニウム液を使用しています。妹は多分効いていると思うと購入してました。多汗症用の漢方薬は二箇所回りましたが続きませんでした。
夫は特に気にしておらず、何の対策もしていません。季節によってばらつきがあるらしく、いちばんひどいときは手を拭いた次の瞬間には汗の玉が見え、触ると洗った直後のように濡れています。釣り銭を渡す直前にタオルで手を拭けば大丈夫なのではないでしょうか。後は本を触る時の緊急用として指先サックをするとか指先にセロハンテープみたいなものを貼って指先だけで触るの思いつきました。

 

使用料頻度に気をつける塩化アルミニウム
塩化アルミニウムなどの金属塩は汗腺の出口を塞いで汗を抑える収れん作用があります。ただ刺激性が強く、腋などの皮膚の弱い部分にはかぶれやかゆみを生じることがあります。皮膚の厚い手のひらや足の裏には、比較的安全に使用できるでしょう。しかし継続的に使用すると効果が減弱することがありますので、 3日に1日 、もしくは2日に1日のお休みを入れることをお勧めします。
一方塩化ベンザルコニウムは手術の時に使うような殺菌剤で、汗を抑える作用ありません。常時使用すると体のバリアとなっている常在菌が死滅しますので、この点からも使用回数は十分留意されたほうがよいでしょう。